COUNTRY LIVING(US)

(年12冊) 毎号50万部ほどの販売を誇るアメリカのHouse&Gardening関連で最も売れている雑誌。(1978年刊)
「創刊以来のコンセプトはCasual and ComfortableをキーワードにしたCountry Style。Country Styleの意味するところは、”何処に住むか”ではなく”いかに生活するか”である」とは現編集長談。
特集ページでは特筆すべき米国風クラシカルなお宅をピックアップ。家自体を含め家の中・外を完成度の高い写真で紹介してくれます。
また、国内のアンティークショーやクラフトフェアの開催詳細を毎号リストアップしているのもファンには利用価値が高く嬉しい。
こてこてのアメリカンカントリーはすっかり捨て去り、2004年後半ぐらいからでしょうか(?)、より落ち着いたテイストに脱皮しつつあります。
モダンインテリア誌とは一線を画する根の張った文化を感じさせる一冊♪


現在販売の商品はありません。

お客様レビュー

UK版とは全然テイストが違うんですねえ。
違いを比べながら読むのも面白いです。

初めてこの雑誌を購入しました。さずが一番売れている雑誌だと感じました。これから毎号購入しようと思います また値段が安いく、買って損はしないと思います

表紙がとてもいいな~って思ったのですが・・・。
中身が・・・なんと言ったらいいのか・・・。
ページ数が割とあるのに見るところが少ないような・・・。

まず表紙の写真にすごく惹かれました。素敵なインテリアページがたくさんで大満足でした。今月号は、Country livingのUK版っぽいかんじを思わせる雰囲気もあるかも・・と思うページもありました(^^)。とても素敵でした。Decorating with eggsのページ、イースターのオーナメントがたくさんで、センス抜群でとても参考になりました。かなり充実度が高い号だと思います(^^)。

表紙が気に入って初めて買ったCOUNTRY LIVING でしたが涼しげな写真、感性が磨かれるようなカットが多く良かったです。リビング、お庭、パーティーの様子、フード、どれをとってもクリアな雰囲気でアメリカの生活をゆったりと眺められる素敵な雑誌でした。