i-D MAGAZINE

(英語・2017 SPR号より年4冊に)当時UK版Vogueで最年少アートディレクターだったTerry Jones氏によって創刊。2015年で35周年です。
入れ替わりがさらに激しい雑誌出版業界にあって意外に歴史ありと思う方も多いかも? つまり今でも新鮮さが溢れている証拠。
なんで毎号表紙の有名人がウィンクしているかというと、それはi-Dというロゴを横にしてみればわかります。(ウィンクしてますよね!?)
あの「マドンナ、そして浅野忠信もここから始まった!」と豪語しています。

*ご予約に関して、特に表記のある場合を除き表紙はお選びいただくことができませんので予めご了承ください。
在庫状況により表紙別に販売をさせて頂く場合もございます。

お客様レビュー

パラパラとページをめくってもじっくり読んでもおもしろい。ハイセンスなファッション誌の中でも有名なのも納得。英語が読めなくても楽しめる。

30th anniversary issue は Nick Night issueと言っていいと思います。彼が撮影した多くの著名人は普段とまた違った印象で素敵です。巻末には今までのカバーが一覧となっており、ぜひ記念としても手にしておきたい内容です!

本屋で立ち読みしただけで、内容はほとんど覚えていません

今号は2種類の表紙が存在するi-D
中は最新のレディース・ウェアの特集が惜しげもなく組まれています
クラブ(だと思います)事情もレポートされ、海外での若者達の遊び方などがわかるかと思います
(記事は読んでいないので、ほぼうろ覚えです・・)

雑誌中ほどのモノクロページには、今話題の人気モデルIrina Lazareanu(本業はミュージシャン)のキュートな姿が
彼女目当てで買っても損はない1冊だと思います

  • i-D MAGAZINE - 05SEP
  • おすすめ度: ★★★★★
  • 投稿者: 匿名  (2005-09-30 07:00:00)

今回、購入した表紙はダリアでしたがほかにも数種類あったみたいです。大ファンのケイト・モスが数ページ登場していてラッキーでした!英語が読めなくてもOKな雑誌の代表だと思います

表紙がカワイイってはじめに思って。Victoria Beckhamには見えない感じがよかったです。