MMブログ

各カテゴリーを担当するスタッフが、耳寄りな情報をお届けします。
福島の皆さまへ本当の春爛漫を願いつつ・・・
お客様からのリクエストをいただき、急遽ページを用意させていただきました。葉書をご購入希望のお客様は、こちらのページからご用命ください。商品代金は丸ごとNPO花見山を守る会の震災孤児支援基金へ寄付させていただきます。[2018年3月9日]




一年前にスタートした毛糸募集キャンペーン(糸がつなぐ≪福島復興支援≫・『毛糸募集です!』)では、


未だに全国の皆さまからの反響が止みません。多くの皆さまのご賛同に改めて心より感謝を申し上げます。誠にありがとうございます。

 → 近況は(【御礼】多数の毛糸が届いています!)[2018年2月28日]更新をご覧ください。

あの震災の日からまもなく7年が経過致します。

元々は地震と津波という自然災害でありました。



復興が顕著に遅れているのは、当然ながら福島県の中の一部地域です。

なぜそこは復興が遅れているのでしょう? 言うまでもなく・・・です。

そこでは、

 いくらのお金が費やされてきたか?

 これからさらにいくらのお金が必要か?

 何人の方々が命を落とされたか?

 何人の方々が未だに故郷を追われ苦しんでいるか?

そして、

 それでも原子力発電か?

さらに、

 電気消費への我々ひとりひとりの態度はこのままでよいのか?

 ・・・

重い現実に向き合い自問自答する機会を、少なくとも毎年この日は与えてくれます。



光が見えない中でも、光を見出そうと努力している人たち、手を差し伸べている人たち、
がいらっしゃいます。

そんな人たちが集まっている一つの場所が、福島市内花見山という桜の名所にあります。

花見山が一年で最も美しく輝くのがこの季節。

次なるフォト葉書は、その「輝き」「満面の希望を」示してくれています。


(↑クリックすると拡大します)


希望への灯りが一人でも多くの方々に届きますように・・・

そう願いつつ、当店では、花見山が輝くこの季節限定で(4/17まで)、
一部の商品をご購入のお客様へフォト葉書1枚をプレゼントさせていただくキャンペーンを本日より実施させていただきます。

 ◆ 葉書には6種類があり、そのうちの1種類を商品の発送時に同封させていただきます。

 ◆ このマークが付いた商品が対象です。

 ◆ <対象商品 全34点>

1.Les Brodeuses Parisiennes GRILLEシリーズ x 30点




などなど

2.Les Brodeuses Parisiennes KITシリーズ x 4点






また、葉書のみをご購入希望のお客様がおられましたら、是非ご連絡ください。

その商品代金は丸ごとNPO花見山を守る会の震災孤児支援基金へ寄付させていただきます。

この春、桜の海にダイブしてみませんか?

是非花見山をお訪ねになってみてください。


NPO花見山を守る会

 〒960-8141 福島県福島市渡利字康善寺21-1

 TEL 024-522-6464

 (福島駅東口、福島交通バス「花見山入口経由渡利南回り」で「花見山入口」バス停下車、徒歩5分ほど) ⇒ [時刻表]




*当社の営業外活動履歴はこちらをご参照ください。
土橋 信也  (2018/03/07)