(旧)自由刺繍

刺繍ジャンル リニューアルのお知らせ ― 技法別のジャンルを新設いたしました ― 

白糸刺繍&ホワイトワーク

 白地に白糸で刺す刺繍の商品をまとめております。
 白のモノグラム、マウントメリック刺繍、ドロンワーク、ハーダンガーなど

ドロンワーク

 ドロンワークを扱う雑誌と、ドロンワークから派生した刺繍の書籍をまとめております。
 ハーダンガー、ヒーダボー、レティチェロ、シュヴァルムなど

ハーダンガー

 ハーダンガーを扱う雑誌と書籍を中心にまとめております。

その他のカウントステッチ

 上記以外のカウントステッチの商品をまとめております。
 ブラックワーク、ニードルポイント(キャンバスワーク)、スモック刺繍(スモッキング刺繍)、スイス刺繍など

リボン刺繍

 リボン刺繍を扱う商品をまとめております。

スタンプワーク

 スタンプワークを扱う商品をまとめております。

フランス刺繍

 一般にフランス刺繡(サテンステッチ)と呼ばれる刺繍の商品をまとめております。

その他のフリーステッチ

 上記以外のフリーステッチの商品をまとめております。
 クルーエル刺繍、アウトラインステッチ、ロングアンドショートステッチ、ゴールドワーク、ビーズ刺繍など

お客様レビュー

マグマートさんでスモック刺繍本の購入は初めてだったので、期待値が高かったのですが・・・少しがっかりしました。

この本はいつ出版されたものかしら?
はっきりくっきりした印刷に慣れた者にとっては歴史を感じさせるものです。
とはいえ・・・スモッカ~にとっては眺めているだけで心安らかになるのよねぇ。

一緒に買った「Punto Smock」こちらの方は図案のみですが、色使いもバリエーションに富みヤル気を起こさせます。☆4つ

内容画像真ん中のぞうさん目当てで購入しました。他のも期待して・・・。でも内容画像以外に目がハートになったものはなくて。洋書独特の雰囲気もなく、日本国内でもよく見る雰囲気の本と感じました。

号併合なのでクリスマスや他にもいろいろ載っていて楽しい号でした。白糸ハーダンガーが多かったです。

花文字が目当てで買いました。
かわいいものや自然に関するものが多かったです。

中国っぽい干支の図案や、大胆な感じの鳥などちょっと普段使いはしにくいものが多かったです。普段ある程度基礎がないとわかりずらく、説明書きがいまひとつな雑誌ですが、この号はドロンワークの糸を抜く本数までしっかり図解してあって珍しかったです。

クロスステッチの図案、ナプキンへの自由刺繍などクリスマスモチーフが多かったです。他にクロシェや編み物系も多い号だと思います。

お安くなっていたのでインスピレーションを初めて買いました。刺繍はあまりしないのに、美しさにひかれてしまいます。表紙のバッグも素敵ですが右上のバッグもいいです。これは型紙がないようなのでこの形にできるのかわかりませんが刺繍はこんなやり方があるのかと、とても複雑です。写真にあるものは図や解説が懇切丁寧に載っています。他の花柄もシックでとても気にいりました。ページ数の割に図柄は少ないので数が欲しい人には向かないかもしれませんがこの図柄はぜひ、作りたい,細かい所も詳しくという人にはお勧めです。

今月号はなんだか掲載数が少ないなと思い、赤ちゃんの服やお料理のページがあるせいかと思ったら、実際いつもの号より10ページほど薄くなっていました。ちょっと残念。

この雑誌のシリーズは細かなテクニックの説明などあり、とても参考になります。今号はこまどりの写実的なステッチの方法(鳥の羽のニュアンス、色使い)、ブラックワークのかがり方の順番、シュバルム刺繍の特集(詳しい説明あり)などが私の中でヒットでした!

ハーダンガーの中でもそれほど難しいテクニックは必要ない程度のものでした。
四隅にリボンをつけて結びトレイ形にするものや立体の箱のようにするものがあってちょっと目新しかったです。ただ、図案はありますが、説明に解説図とかはないのでちょっと残念でした。