キルト&パッチワーク

<QUILT>

Today's PICKUPS

お客様レビュー

春号ということで、お花のアップリケがたくさん載っています。

若山雅子さんのタペストリーも2種類、作り方も載っていて、とても素敵です。

本誌はもちろん型紙もしっかりとした紙でできているので、使い易いです。

カントリーぽいアップリケの図案がたくさん載っています。

このシリーズは雑誌というより、紙質がよく本のようにしっかりしていて、実物大型紙もついて使い易いです。

また中身はフランス語ですが、イラストと図案で作り方結構わかりますし、アメリカの本と違って㎝表記なのが嬉しいです。

素敵な雑誌です。

このところ、手縫いが厳しく感じられミシンで繋いでいるのと、

飾るものよりは、家族みんなで使える大きな物を作りたいので、

鮮やかな色使いの大きめサイズのキルトが載っていて、楽しいです。

早速、THE ROSE STARや、FIRECRACKER(お祝いの爆竹でしょうか)

など、簡単に始められそうなものから、作ってみたいです。

見たかった雑誌を手に取ることができ、本当にありがとうございました!

表紙のキルトに興味があり、購入しました。
ミシンであれほど上手に細かいキルティングラインを入れるのは
むずかしそうですが、いつかその日がくることを夢見て、練習に励みたいとおもいます。ラインの入れ方や色の組み合わせなど、とても勉強になる本だと思います。

Xmasプレゼント、ありがとうございました。
プレゼントに当選したことで、家族中、大喜びしました。
明るい色で緻密なデザインが素敵でとても気に入りました。
大切にしたいと思います。
本当にありがとうございました。

日本にもこのような家をパッチワークで作る本があるのか私は知りませんが、とってもかわいらしくて、購入してよかったと思います。キルト初心者なので、まずは掲載の家モチーフのピンクッションを作りたいと思います。

全体的に秋の雰囲気で心が落ち着きます。作り方ページのイラストもクラシックですてきです。表紙にもなっているハウスとパターンを組み合わせた作品がおきの入りです。でも、タイトルが「Ryokan」なのはちょっとびっくり。外国の方が感じる日本家屋はこんな感じなのかな?

ブティ特集号といった感じで、ブティ好きの方にはお勧めです。それほど込み入っていなくて、難易度も高いというほどではありませんが、フランスらしく上品で曲線のきれいな作品がたくさん載っていました。

とてもかわいいのですが、やっぱりキャスっぽい。
色使いや作品も似てる。
そこが微妙なので★3つ(キャスは嫌いじゃないですが)。

書評にもあるように、キャスの元気で明るい雰囲気でした。
可愛らしい本でした。