SAJOU(サジュー)

フランスのMAISON SAJOU/メゾン サジューとは? ジャック・シモン・サジュー氏が1828年に創業した手芸用品メーカーです。
クロスステッチの図案やレースなど素晴らしい手芸用品を数多く残しましたが、1954年に途絶えてしまいました。 それから半世紀・・・、

2004年に、SAJOUの収集家であったフレデリック・クレスタン・ビエさんが、それまで誰の手にも渡っていなかった版権を手に入れ、現代版MAISON SAJOUを立ち上げます。
当時の製法を極力取り入れた復刻版、アンティーク風手芸用品は、世界中の手芸愛好家に愛されています。

商品一覧&お客様レビューへ
商品大分類

⇒ 【図案/キット】美術と遺産のコレクション SAJOU COLLECTION MUSEES

⇒ 【図案】ドイツのメルヘン集「グリム童話」から生まれた11のデザイン

⇒ 【図案】フランスのジャン・ドゥ・ラ・フォンテーヌ(Jean de La Fontaine)の寓話から生まれた14のデザイン

⇒ 【図案】フランスのシャルル・ペローの童話から生まれた11のデザイン

⇒ 【図案】ベルリン・モチーフと呼ばれていた水彩画のモデルから生まれた9のデザイン

⇒ 【布】刺しゅう用布

⇒ 【布】刺しゅう用布COUPON

⇒ 【綿テープ】オリジナルのフランス製リボンテープ

⇒ 【小物雑貨】アンティーク手芸用品の復刻版

⇒ SAJOUで使用している糸の見本帳

⇒ SAJOUアルバム 表紙のデザイン

ページトップへ

お客様レビュー

この図案を探していてマガジンマート様にたどり着きました。以来、いろんな作家さんを知って世界が広がり(感謝です!)、忘れかけたころに入荷のお知らせが来て嬉しかったです。

パッケージは素敵な模様の厚紙でできていて、内側には20種類のステッチの図解が載っています。ステッチ名がフランス語、英語、ドイツ語(たぶん)で表記されているので参考になりました。

ベロニクさんのデザインは、いつ見ても素敵です。クリスマスの図案は、今年のクリスマスシーズンに刺したいです。

見たことのない不思議な世界観。

竜なのか妖精なのか、羽が生えた生き物と、草花が一緒の華やかな図案です。

不思議の国のアリスが迷い込んだ森もこんな感じなのかも、と想像してみたり。

とうとう手元に届いたサジューの青文字ロゴのリボン。

どの通販ショップ探しても、青ロゴは完売済みだったので、本当に嬉しい!

個人的には、Sajou=青の印象が強いのです。

思い切って自分用に購入。眺めてはにこにこ。とても満足です。

木の香りを飛ばすため使用前に陰干しするなら、前面の写真画像を取っておき、シール柄の順番通り元の段に戻すのがベスト。

手作りなので、引き出しを違う段にはめるとうまく閉じないのです。

焦って組み替えることに。。(←経験者)

可愛い図案が沢山有ります 

トナカイも良いですし、ヴェロニクさんの赤のステッチも素敵です

想像以上に大きな図案用紙で驚きました。

製作には相当な時間と技量が必要だと思いますが、図案そのものが素敵なので、サンプラーとして一点のみ抜き出して製作するのも有りだと思います。

画像の色と実際の色は若干異なるので、マガジンマートさまでリネンのサンプル取り扱いが始まり嬉しい。

ロゴ入りの青リボンは外して使うつもりですが、外したリボンはサジューのハサミ図案に実際に縫い止めてもいいなぁ、と思ったり。

 マリー・アントワネットがモチーフということで購入しました。

 ロココな雰囲気の作品で刺すのが楽しみです。

 クリスマスの作品を刺したくて購入しました。

 どれもとても可愛くて見ているだけでも飽きません。

 Veroniqueさんが大好きです。