BRODERIES EN FOLIE


お客様レビュー

キルトフェスティバルスプリングマーケットで企画展示されていた方です。その時のお名前はセシール ・フランコニィさんでした。

形も作ってみたい〜と思っても布や糸など素材の多くがアンティークを多用しており、同じものはご本人のhpからが楽だと思います。

材料を似たようなものでとなると、jeffitexというものは、バック芯という名前で売られているものだと思います。工程も切ったjeffitexにスプレーのりを塗り、布に貼ってパーツを作り、組み立ても針と糸で仕立てるという手順です。

刺繍も特段難しくはありません。ただ色と素材の組み合わせのセンスが抜群なので、真似をと思うと難しいのだと思います。刺繍が難しいのでは〜という方は 動画サイトでセシールさんは、惜しげも無く披露されているので、それをみると良いと思います。