[主な掲載人物・記事内容]
手芸 ビーズ刺繍・ビーズ小物
ライター:山内 恵美子
[◆今月の一冊 2019年4月◆]
エレガントなデザインのビーズ刺繍で作った小物を持ったら、ちょっと贅沢な気分になれそうです。


前作「MARQUOIRS DE FRANCE ソフトカバー書籍」で、少し、ビーズ刺繍を紹介されていましたね。

本書は、完全に、ビーズ刺繍に捧げた20もの作品が紹介された1冊です。

「ビーズ刺繍は、19世紀の技術です。
技術というと難しく感じるかもしれませんが・・・、実は、とっても簡単なのですよね。

きらめくビーズ一つ一つが、こうして絵になり、作品になった時の美しさに、私は、いつも、驚かされます。
皆さんも是非、一度、お試しくださいませ。」(著者より)

紹介されている図案と作品は、19世紀の女性たちの必需品であった施し物袋やビスコーニュ、お出かけ用ポーチなどをお手本に制作されたそうです。

本書を通して、改めて、昔の人はお洒落で凝ったものを身につけていたのでは・・・と考えされられました。

◆掲載内容
・カラー図案
・サイズ
・完成作品写真
・ビーズ番号(ビーズは、著書のオンラインショップで取扱っているとのこと)

ページ数:90
出版社名:tutti frutti
著者名:Isabelle Mazabraud-Kerlan
言語:フランス語
ISBN:9782360090082

お客様レビュー

レビューはありません。ご投稿を心よりお待ちしております。
会員様に限りログインしてご投稿できます。
この商品を当店でお買い上げいただき、既にお受け取りのお客様に限り、ご投稿に対してポイントを進呈いたします。
メールアドレス:
パスワード:
新規会員登録はこちらです。パスワードを忘れた方はこちらです。
または
メールアドレスの取得を行います。投稿やメッセージが送られることはありません。