レース 仏ボビンレース教育センター

仏レースセンター
フランスでは有名なLE PUY EN VELAYボビンレース教育センター関連の商品です。
同センター発行のボビンレース誌の編集長でもあるフランスレース界の大御所MICK FOURISCOTさんが関わった商品もあります。

お客様レビュー

A4よりすこし大きい横長ハードカバーの本で、重いし開く際に場所をとります。

文字や図が大きいので、とても見やすい教本です。

思わずため息がでるような作品ばかり
眺めているだけで幸せ気分

パターン集やボビンレース本で見たことになる作品もあり、え?この方のデザインだったの?と思ったりしながら楽しんでみています。

小物はパターンもついているものもありうれしいです。

これだけの作家さんの作品をまとめて見れる本は初めてですが、ほかの本にはない発想のデザインが多く、今後オリジナルの作品を作っていくのにすごくいい刺激を受けました。今度はどんなのを作ろうかな?と思った時に必ず手に取りたくなる内容でした。

思ったより大きい。

イラストも大きく、辞典になるかな。

アルファベットの字体が可愛い♡筆記体に近いような。

表紙が可愛い。

かたつむり、蛙、愛らしいパターンです。

目白の切手博物館で買ったボビンレースの切手も掲載されてました。

可愛い乳母車。写真はないけど、花のパターンもいい。

クロスの形も可愛い。

可愛い小鳥ー!絶対、作りたいー!

先輩に、一つは大物を作ってね、と言われていたのですが、これに載ってるNAPPERON CRAPONNEを作ってみようかな、と思いました。

1よりボビン数が多いです。

どれも優美な作品ばかり。

出来ると信じて、取り掛かります。

素敵な柄が多いです。

易しいのから、やっていこうかな。

バンシュは習ってないので、この本で、一から順に勉強していきたいです。

表紙も素敵だけど、セクシーな網タイツの作品も、なかなか。

オーバルのトーションが素敵。

結構、ビッグサイズ。

てんとう虫君も可愛い。

ニワトリが可愛い。

カタツムリも。

ここに出てくる襟もできるようになったら

素敵だな。

入門者向けの基本の練習本という感じがします。



作品数と言うかステッチ数が17作品のっています。

1から順番に作っていくとバンシュの基礎からより難しい作品が作れるのだと思います。

もちろん組織図ものっています。



巻末にはプリッキング用の濃い赤色の図案がありますので、すぐ作品にとりかかれそうです。



バンシュが全く初心者の私にはちょうど良い本でした。

久しくボビンレースから遠ざかっていました。

10年ほどレッスンを受けていましたが、平日のレッスンのため仕事との調整が図れずやめてしまいました。

ボビンなどの道具は手元にあるので、トーションレースの図案が欲しくて探していたらダメモト予約でこの本を発見。無事に手にできてうれしいです。

トーションレースは基本中の基本のレースですが、個人的には一番好きかもしれません。ロシア、ブルージュフラワーの入門まで教わりましたが、何も考えず無心に織れるのはトーションレースだと思います。

糸を購入して何年かぶりにボビンに糸を巻いて織ってみたいと思います。

基礎の基礎の編み方がが大変詳しい図で載っていますが、掲載されている美しい作品の編み方は全く載っていません。ゼロです。あくまでも参考資料としての画像のみです。MM書評を良く読めば理解できたのかもしれませんが、クラシックな作品の作り方を期待した者にとっては、がっかりの一冊でした。