Point de croix et Cie

2009年よりスタートしたシリーズ、38巻まで出版されています。(2017年1月現在)

お客様レビュー

チョコとティーがテーマですが、どちらかというとティーの方が種類が多いと思いました。

それでも各国のティーがありますので、それはそれで楽しいかもしれません。

チョコ菓子もありますが、お菓子がメインの方が良いならば、FRIANDISES & PATISSERIES#37 の方が良いと思います。

個人的にはBON APPETIT! #22 も気になるところです。

初めて洋書というのを買いました。

正直なところ、本に1冊2000円近くの出費は懐が痛いです。

でも食いしん坊な私にとってこの本は見ているだけで、心が和みました。

日本の書籍と違う所が楽しいです。

フランス語は読めないので、予想ですが、最初の数ページはクロスステッチについて

アレコレ書いてあると思います。

挿絵がリネンに糸を刺している絵と番号と。

それから作品の一部を加工の参考写真でしょうか?

瓶に巻いたり額装したりしたものの写真があります。

それから図案が最終ページまでドドドドン!と一気にあります。

見開きに小さい図案がいくつも載っているものと、片側1ページにそのままの配置で刺すといいバランスになりそうなものと。



ほんの一部を簡単に書くと

パン系統

チョコ系

粉もの

アイスクリーム

キャンディ

遊園地にありそうなお菓子

マカロン

ティーセット

ジャム

アルファベット、数字サンプラー



フランスの方にとってステッチは本当に身近なものなんだと思いました。

小さい図案をチョコっとすぐ刺してキッチンに飾ったり。

だから小さくて可愛いいものが多いのかな?

全部を刺すには相当な時間がかかるだろうけど、私は見ているだけも楽しいです。

個人輸入も考えましたが、送料等も考えると、こちらで買ってよかったです。

本の折れやヨレもなく美品でした。

大好きなサモさんの図案で届くのが楽しみでした。子供達だけではなく、大人も登場しているのと、いろんなお仕事をしている人を集めて1枚の布にステッチ出来たらと計画しています!フルートを吹いている絵があったのでフルート吹きとしてはすごく嬉しかったです♪

すべてのページが見開きで一つの図案になっているので、そのまままるごと刺しても、片側半分だけ刺しても、絵になります。

裏表紙 左側の小鳥の図案は、大きい図案の中から抜き出して配置し直して、一つの小さい図案に出来上がっています。

こういう使い方が上手になりたいです。