[主な掲載人物・記事内容]
手芸 SAARA書籍
ライター:山内 恵美子
絶版のため在庫限りとなります。

こちらの本、どこかで目にしたことはありませんか?
クロスステッチや刺しゅう愛好家の皆様は、「ステッチイデー」でご覧になったことでしょう。

そう、「ステッチイデー - 13#19」で特集されていましたね。

本書は、エストニア、ムフ島の手仕事を一冊にまとめた素晴らしい素晴らしい手芸図鑑です。
テクニック別に、作品と図案が並列されており、読者にとって非常に見やすいです。

残念ながら、英語版は絶版とのこと・・・。
ですが、ある作品展に出かけたことで、原版を取り扱うことができるようになりました。大変嬉しく思っています。

本の厚み3cm!エストニア語が読めなくとも、写真と図案が多数掲載されておりますので、必ず参考になることでしょう。

日本でも、エストニアの手芸が紹介された本が出版されていますが、是非、本場の素晴らしい書籍を多くの皆様に手にして頂けたら幸いです。

◆編み物 P.26-150
細かなモチーフを色鮮やかに編み込んだ靴下や手袋、セーター、帽子など
編み図も掲載されています。この編み図は、クロスステッチでも使えそうです。


◆刺しゅう P.150-227
民族衣装にほどこされた刺しゅうを1点、1点、パーツごとに紹介します。
クロスステッチ、刺しゅう、ビーズ刺しゅうなど


◆かぎ針 P.228-267
帽子やスカート、靴下や手袋にほどこされたクロシェのフリーズ


◆織物 P.278-291
4つ穴が空いた正方形の板に糸を通し、その板を多数動かしながら、ベルトやバンドを織りこんでいきます。
編みこんでいる風に見えますが、織物の本にこのテクニックが紹介されていましたので、織物といって間違いではないと思います。


◆刺繍 P.292-393
色鮮やかなウールの糸で、掛け物や洋服、靴下、靴に花、植物の模様をステッチした作品の数々。
図案を布に転写するのに、歯磨き粉を使っているというのも面白いです。
図案も掲載されています。

ページ数:384
出版社名:SAARA KIRJASTUS
著者名:Anu Kabur / Anu Pink / Mai Meriste
言語:エストニア語
ISBN:9789949905058

お客様レビュー

レビューはありません。ご投稿を心よりお待ちしております。
会員様に限りログインしてご投稿できます。
この商品を当店でお買い上げいただき、既にお受け取りのお客様に限り、ご投稿に対してポイントを進呈いたします。
メールアドレス:
パスワード:
新規会員登録はこちらです。パスワードを忘れた方はこちらです。
または
メールアドレスの取得を行います。投稿やメッセージが送られることはありません。