[主な掲載人物・記事内容]
クロスステッチ サンプラー
ライター:山内 恵美子
イギリス「MARQUOIRS D’ANGLETERRE」、ドイツ「MARQUOIRS D'ALLEMAGNE」に続いて、母国フランスのサンプラーを紹介したIsabelleさんの書籍が今年初めに出版されました。

日本のクロスステッチ誌にも掲載されていたIsabelleさん!
刺しゅうをする姿がなんとも上品で、かつ、見事なインテリアに魅入ってしまった方も多いのでは?!

19世紀後半から20世紀前半の、フランスのサンプラー7枚がおさまった本書には、著者が今、夢中になっているというビーズだけでステッチしたサンプラーも1枚ございます。

赤糸一色のクロスステッチのみのサンプラーや、青系の自由刺繍の入った細かなサンプラーも素敵です。

中でも私が惹かれた一枚は、1890年に「Irma Dulieu」がキャンバスに毛糸で刺したサンプラーです。著者が原作を忠実に再現!中央のブーケ、2羽の鳥、ABC・・・と1.2.3・・・、それらを囲むフリーズ。20色も使ったサンプラーは華やかです。(表紙下の鳥参照)

◆掲載内容
・モノクロ図案
・サンプラーのサイズ
・使用している布のメーカーと種類
・糸のメーカーと糸番号(DMC/Sajou/Soie d alger)
・完成作品写真

ページ数:96
出版社名:TUTTI FRUTTI
著者名:Isabelle Mazabraud-Kerlan
言語:フランス語
ISBN:9782360090662
会員様に限りログインしてご投稿できます。
この商品を当店でお買い上げいただき、既にお受け取りのお客様に限り、ご投稿に対してポイントを進呈いたします。
メールアドレス:
パスワード:
新規会員登録はこちらです。パスワードを忘れた方はこちらです。
または
メールアドレスの取得を行います。投稿やメッセージが送られることはありません。